toggle
North Satsuma Journal North Satsuma Journal North Satsuma Journal North Satsuma Journal North Satsuma Journal
May 3, 2015

桜のあと

今日は生憎の雨ですが。

特攻碑公園前のさくら通りをご紹介したいと思います。4月の初旬に満開を迎える桜は通りにトンネルをつくり、多くの花見客で賑わいます。

個人的には、その後がオススメですよ。桜のあとに現れる新緑のトンネル。

普段の運転もこの季節はちょっと遠回りしてプチドライブ。気持ちいい!


周辺のイベント情報をひとつ。特攻碑公園の近くにある出水自動車教習所内にて5月24日(日)に楽しそうなイベントが開催されますよ。

ドライブ・サンデイhttps://www.facebook.com/events/1585104528426342/

おとなもこどもも楽しめるコンテンツ満載で、自動車教習所ならではのものがたくさん!ハーレーダビッドソンに試乗できたり、警察署協力のもと飲酒運転を体験できるコーナーもあるのだとか!これはなかなかできない体験。ハンドルキーパーを探してぜひ参加したいものです。

5月24日は晴れるといいな。その頃のさくら通りは新緑から深緑に変わって、木陰が気持ちいいことでしょう。

Apr 30, 2015

絶品!気まぐれクロワッサン

皆さんご存知でしょうか??

お菓子屋さんの絶品クロワッサン!!

出水市高尾野町にあるお菓子のステラで売られているシェフの気まぐれクロワッサン。

元々はお店のまかないとして食べられていたのが評判となり、土日限定で販売されるようになったそうです。

多い時は土日で300個売れるほどの人気ぶり!!

サクサクのバター風味なクロワッサン生地の中にクリームがたーっぷり入っていて、本当に美味しいんです!!

image

 

続きを読む

Apr 28, 2015

フランス版ミシュランで星付きシェフが2人出ている小さな町

鹿児島県の北薩摩地方に位置し、人口はわずか2万人余りの阿久根市。

この小さな町からフランス版ミシュランで星をとった日本人が2人います。

日本人で初めて星をとった中村勝宏さん。

2008年の北海道洞爺湖サミットでは総料理長を務めました。

もう一人は伊地知雅さんで東京やフランスの三つ星レストランで修業され、フランスでお店を開かれています。

また、隣町の出水市(イズミ)では、料理の鉄人で有名なフレンチの坂井シェフが3歳から暮らしていたのです。

この人口が少ない地域で、何故こういった方達がでてくるのでしょうか?

続きを読む

Mar 23, 2015

長島町 針尾公園からの眺め

hario001

長島に来たお客さんを案内する際、まず行くのが針尾公園です。
黒之瀬戸大橋から約20分。橋を渡り突き当たりを右手、県道47号線を北上し、長島町役場を過ぎてしばらくすると、標識が複数が出ているので、そこを目印に右折します。

続きを読む

Mar 21, 2015

marcello gallery

marcellogallery

鹿児島県出水市にあるイタリアンレストランマルチェッロに併設するエキシビジョンルーム(ギャラリー)です

2013年からは、出水市在住の元デザイナー松島晋也をキュレーターとして、プロダクト、工芸、アート、ポップアップストア、ワークショップなど、モノと作り手、その背景を見せる機会を不定期で開催。

選択の基準及びコンセプトは、「既存の価値観を少し疑ってみること」。お食事を楽しみながら、少し気軽に新たな価値を知ることで、より良い豊かな暮らしのキッカケになれれば良いなぁと,これまでに長島町の陶磁器作家や、熊本のシャツファクトリー、久留米のスニーカーブランドなど県内外や海外のブランドなど幅広く紹介しています。

続きを読む

Jan 20, 2015

新しいメディアがスタートします。

North Satsuma Journal  | ノース・薩摩・ジャーナル

鹿児島県北部を中心としたメディア、あるいはコンテンツのチームおよび単位。

一般的な観光資源の目線とは視点を変え、そこに根付いたヒトや作られているモノ、そこで起きるコトに魅力を見出すことを目的としています。

そこに既にある、あるいは新しいメッセージを、クリエイティブを使って、表現します。

それはひとときの美しさや真新しさではなく、持続可能な想いのあるクリエイティブです。

それはクラフトマンであり、お店であり、学校であり、技術者であり、はたまたお客さんでもあるでしょう。

そこで起こる一つ一つが、シティ&ローカルを問わない「本物感」を持つこと、田舎で暮らす「幸福感」を与えるものであることを目指しています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

North Satsuma Journal  

1 2 3 4 5